So-net無料ブログ作成
検索選択

関修一原画展2017 [イベント]

最終日一歩手前でお邪魔してきました。 入場してすぐに聞こえた会話。
お店の方との談笑中「お疲れでしょう?」と聞かれ
「呑み疲れが。 みんな一回だけど僕ずっとだから」と。 ニヤリ。

今回も入口周辺には大型の『ペリーヌ』物がドーンと。ほぼ完売。
『オズの魔法使い』が3点、2箇所に分かれて展示されておりました。
『ルーシー』の新作イラスト、同じ絵柄の原画が2種類有るので伺ったら
「両方新作ってのは嘘でね、昨年の10月に福岡イベント向けに描いたのと
クウェートのイベント用に時間が無いので同じ絵柄で描いた物です」と。
まだ赤丸が付いていなかったし「可愛く描けたと思うんだけどなぁ」
なんて言われて、ケイトさんが「買って買って」と呼んでいたけど
何とか我慢した。 来年残っていたら買っちゃうと思う。
ルーシーが居なければなぁ…… おっと失言。www


今回の恐れ知らず企画その1
関さんは、赤毛同盟の同人誌を知っているか?

手元のトラップ本を持参して実際に見て貰いましてのお答えは
「いや僕知らない。 ちゃんと僕の描いたのも載ってるねぇ。
貴重なもんじゃない」

今回の恐れ知らず企画その2
せきまろの語源は?

トラップ本のサインが書かれたページを開いてお聞きしました。
「コレは虫プロ時代に付けられたんだけど、スタッフが上手い人の事を
まろって呼んでいて、他にも杉井ギサブローさんもギサまろって
呼ばれてました。 僕はせきまろって呼ばれていて、ソレですね」

今回の恐れ知らず企画オマケ
『オズの魔法使い』のDVDはなぜ発売されないんでしょう? 権利の問題?

「さぁ〜…………」 関さん海外版が存在する事も御存知無かった様子。
発売の暁には、関さんのボックスアートを是非とお伝えしました。


その他、テーブル上にクウェート旅行のお手製写真本も置かれてましたが
アレ、何人の方が見たのかしら。関さん居ない時じゃないと
気付かなかったり、雰囲気的に見づらかった気がする。w
「丁度良い時期だった様で、気温は15度位でした。 現地では関わった作品
のほとんどが放送済で、中でもシンドバットが一番人気で。
イベント用に描いたイラストをプリントして、サインして配ったけど
シンドバットが真っ先に無くなりました」なんて伺いました。

さて、来年はどんな作品に出会えるか楽しみです。
今年はアンケートに投票したので、反映されると嬉しいなぁ。

2017.5.1.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0