So-net無料ブログ作成

『ドグラ・マグラ』とか [映画]

今年もいよいよ師が走る季節となりましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか。
この冬は寒さのスタートダッシュが早い。後半穏やかになってくれるかしらん。
マウスを持つ手の冷え対策、今季は何かしら進化をさせたい。
試しにネックウォーマーをマウスパッド代わりにすると大分マシなので
どうやら、指先をちょっとだけ切ったフリースの手袋が有れば良いみたい。
これまで家の中で手袋って意識は無かったので、100均を物色してみようかと。


先日初めて健康診断でバリウムを飲んで胃の検査を受けたけど、忙しない指示に辟易。
来年の受診は遠慮したい。呼吸ぐらい自由にさせて欲しいわ。
健診自体の結果は極めて健康。


ふと思い出したのは、パスネットの払い戻し期限。2018年の1月末まで。
まだ使いかけや未使用のカードを持っている方は早めに動くと吉。
何らかの記念カードだと払い戻ししてしまうのは悩んでしまいますが。
テレホンカードの払い戻しもお願いしたいんだけどなぁ。数万円手に入るんだけど。


来月の22日でモバイルSuicaが使えなくなるので、当面どうするか考え中。
2月と3月が2年縛り解約月。iPhoneSE2が3月までに登場するのかヤキモキ。
コレがハッキリしないと全く動けないので物凄くストレスになってます。
どうやらフェリカ搭載でモバイルSuicaが使えそうという話ですからね。
iPhoneを電話として使う事に物凄く不安が有るけど。


先日BS11で放送されたガルパンの劇場版を鑑賞。 やっぱり面白いですね。
存分に公共物を破壊していて、まるで特撮映画の様ではあ〜りませんか。
過去作で中ボス格だったキャラが集合しての会議シーンはまるで
ゾル大佐、死神博士、地獄大使、ブラック将軍、ドクトルGが揃ったシーンの様。
すぐ自己主張を始めて仲間割れを始める辺りも含めて。w
大洗のロケハンを徹底してるんだと思うけど、ソコはあまり興味無いんですよねぇ。


『ドグラ・マグラ』という映画を鑑賞。 昭和63年作。
精神病院に入れられた青年と医師が、過去の事件について解き明かすお話。
原作は夢野久作さんが昭和10年に発表した探偵小説。
しかも完成まで10年かけて推敲して翌年没という物。

昭和の終わりに、こんなイっちゃってる映画公開してたのね。
ほぼ会話劇な展開で、過去と現在を行ったり来たり。
先祖の嗜好が子孫の細胞に刻み込まれる説や
脳髄が無意識に人類を滅ぼそうとしている説は、賛同する方も居そう。

主演の松田洋治さん『ナウシカ』のアスベルの後でこんな映画出てたのが衝撃。
演技では完全に枝雀師匠に喰われてしまっているけど。
写真に口を合成してるシーンはトラウマ級の気持ち悪さ。(笑)

記憶の再確認をする展開になっていて『メメント』という映画をちょっと思い出した。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。