So-net無料ブログ作成
検索選択

『時代屋の女房』とか [映画]

7月も末。暑いわ雷凄いわで忙しい今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。
23日から、ウチもエアコン稼働。涼しさは正義ですね。ブレーカーだけ注意。
何故か近所でミンミンゼミばっかり鳴いているのが不思議。

今図書館で借りてる読んでいるのが『上原正三シナリオ選集』という物。
見慣れた番組が、どんな文章から映像化されたのかが知りたくて読んでるんですが
シナリオだと、カメラワークや特撮の事を考えないで良いので自由だなぁと。
『レッドバロン』の最後に登場したロボット、デイモスZの顔が4種類くるくる回るという
設定になっていて、恐らくアシュラマンみたいな物を想定していたんだろうなぁと。
川内康範さんの『七色仮面』の当初のアイデアでは、見る角度によって顔が7種類に見える
という物だったけど、技術的に不可能で変更されたって話を思い出した。

この本読んでると、やっぱり一度沖縄に行ってみたくなる。
深夜便なら安いしなぁ… でも行って何するか。暑い時期は避けたいし。
『のはなしし』も読んだけど、ラジオで聴いた覚えの有るネタが大半で
あまり楽しめなかったわ。ヘビーリスナー故の現象ですけども。


『時代屋の女房』という映画を鑑賞。昭和58年作。森崎東監督作。
古物商の店主の元に突如やって来た女性と猫を軸にしたトラブルのお話。
夏目雅子さんが二役。亡くなる2年前。イイ物残してくれました。

猫好きな方にオススメ。登場するアプサン(猫)がとても慣れていて可愛い。
この映画に登場する夏目雅子さんも、まさしく猫。行き先を告げず突然家を出て暫く帰らない。
猫なら許すけど、女性としては超困ったチャンな性質なんですが
この映画では、そういう人だから仕方無いという空気が漂ってる。
ケータイが有れば…と思うトコですが、この人電源切りっ放しで居そうだなぁ。(^_^;)

モデルの古物商店が大井町にホントに実在していたそうな。今は広尾に移転したそうで。
映画の中で、古い物を捨てるのと無理に再生するのと、どっちが残酷かという問いかけが有る。
リサイクル一辺倒のご時世に、ちょっと新鮮な視点で考えさせられちゃった。
リサイクルされる物の気持ち… あまり良い気分じゃ無いでしょうねぇ。
私の頭の中では、空き缶やペットボトル達が苦悶の表情をしてます。

この映画に沖田浩之さんも出演してまして、自殺しようとするキャラなんですよねぇ。
その後の事を知ってると… 合掌。

緊急地震速報初体験 [AV]

台風一過で気温が一変した今日この頃 皆さん如何お過ごしでしょうか。

私は、久々に朝からサイクリングでもと8時半頃外出したら
まぁ〜焦熱地獄ですね。 たったの5キロ位走っただけでヘロヘロモード突入。
そろそろ夏モードに体が移行したと思ったら、甘かった。
コリャ危険と思って遠出せず、近所をウロウロ。図書館で所用を済ませるべく
入ったら、まぁ〜涼しいこと涼しいこと。冷房は正義だわ。
困るのは、急に冷えると汗が滝の様に流れる事ですが。
やっぱり、なるべく太陽が出ている時間は走らない方がいいや。
日焼けヤダってのが一番の理由だけど。
た〜だ、洗濯物が良く乾くのは有り難い。部屋干しでも早い早い。

今朝の地震で、au iPhoneの最新版緊急地震速報初体験。
ちゃんと「地震です」と言うので面白い。
もう起床後だったので落ち着いて用意が出来ました。イイですね。

コレと言った映画に出逢えず、今週は映画感想無し〜

『不信のとき』とか [映画]

ようやく梅雨っぽい天候の今日この頃 皆さん如何お過ごしでしょうか。

今月と来月は、NHKBSプレミアムの映画ラインナップがぶっ飛んでてニヤリ。
今月は8日に、公開されたばっかりの『ゴジラ 60周年記念リマスター版』が。
他にも『ゴジラ』シリーズの新旧8作も放送される。
特番では伊福部昭さんの特集まで。えらい充実っぷり。
来月は平成ガメラ全作が。広い意味では『太平洋ひとりぼっち』も
嵐のシーンは円谷プロが担当してるので特撮映画でも有りますし。
昔はこういう編成が有り難かったんだけどなぁ… 慣れって怖い。
個人的には『のぼうの城』の放送が助かるわ。
ゴジラ総選挙で『キンゴジ』がベスト4に入らなかった事に衝撃。
「負けちゃいかん!!」

7月19日から、しまなみ海道の自転車通行料が無料になるそうな。
行きたいなぁ… でも走る為だけに遠出は勿体無い。
西の方へ向かう予定が出来無いかしらん。
大久野島にも久しく行ってないなぁ。


『不信のとき』という映画を鑑賞。昭和43年作。今井正監督作。
カミさんと愛人に子供が出来て数年後、実の父親が誰かハッキリしなくなるお話。
配役の表記順で田宮二郎さんがゴネて、永田さんの怒りを買い干された原因作で有名とか。

「早く結婚して子供を…」なんて気軽に言える方はコレ観たら
恐過ぎて、背筋が凍るのではないかしら?
とにかく、若尾文子さんの悪〜いキャラが後半大暴走。
トボケた顔してキツい事を飄々と放つと、何故か光り輝きますなぁ。
若尾さんの子供に 文子 と命名するのは、洒落なんでしょうね。
ふみこじゃなくて、あやこで良いのに。
この頃既に人工授精の問題が取り上げられているのは先取りしてる。

しっかし、岸田今日子さんがチョイ役過ぎて勿体無い。もっと絡んで
若尾文子 VS 岡田茉莉子 VS 岸田今日子の三すくみになるかと思ったら肩すかし。
ぱっと見一番怖いのは、岸田今日子さんだったし…(^_^;)
映画も混乱の中、今は亡き百貨店屋上の遊技場で突然の幕切れ。スッキリしない。
ただ音楽を担当している冨田勲さんが洒落た音楽を書かれていてご機嫌です。
あと、加賀まりこさんのブサメイクが見られるのも貴重かしらん。
ストリッパー役なのに終始胸を隠すのは反則。