So-net無料ブログ作成

大型連休何しましょう

連日晴れて気温もぐんぐん上昇という今日この頃皆さん如何お過ごしでしょうか。
もうちょっと、丁度良い温かさにならないもんですかねぇ。朝晩位を希望。
我が家では、ちょっと早いけどよしずを設置しました。やはり効果絶大。

自転車シーズン到来という事で、ちょっとだけ遠出してみようと思い立ち
先日高円寺から葛西臨海公園まで走ってみました。
秋葉原経由で行きの大半は靖国通り〜京葉道路、帰りは永代通りを延々と。
京葉道路と並走する高速も京葉道路なのがややこしい。
川を渡るのに難儀する事以外はあっさりと走れて少し拍子抜けしましたが
千葉まで走るのも問題無いという自信もちょっと付いたので
そろそろ大台の1日100キロ走に挑戦しちゃおうかと調子に乗っております。
いつかは、東京湾一周をやりたいんですけどねぇ。1日200キロは未知の領域。


大型連休合わせで何か新しい事をしようと思い立ち、最近お絵描きペースが
随分上がってきたのでPixivのアカウントを取得しました。只今使い方を確認中。
こういうローカルルールが多数有る環境は用心しないと痛い目に遭いそうで。
SNSとして使われていると、アカウント取ってから知った様な次第。トホホ……
とりあえずは、ココより大きめのサイズを置いてみようかと思ってます。
また、プロフィール画像をマイナーチェンジ致しました。ほぼ同じですが。
お目々が大きい初代ギャオスは、やっぱり可愛い。


今回の落描きも描きたかったネタをば。しらたりさんお元気かしら。
『ブッシュベイビー』の完結版は、岡本麻弥さんの追加ナレーションが
収録されていてお得感有りました。後期オープニング無しなのが残念。
2015.4.26.jpg

『イワン雷帝』とか [映画]

ようやく春らしい気温になってきた今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。
そろそろ日焼け対策しないといけないジリジリ感ですね。曇りでも焼けてる感が。


『イワン雷帝』という映画を鑑賞。昭和19年頃作。ロシア映画。
初めてロシア全土を統治したイワン四世のお話。
三部作ながら現存するのは二部まで。その二部も当初は上映禁止で
三部は原版を焼却されたそう。実はコピーが残っていたなんて事無いですかねぇ。

絵に描いたような大作映画。画作りが凄い。セットと衣装そして影の演出に驚かされた。
第一部ハイライトの行進シーン、一体何人エキストラ参加だったのかしらん。
第二部の途中にも、あっと驚く演出が。後の邦画だと低予算映画に多い演出ですが。
た〜だ、演劇モードの演技は頂けないです。特に第一部の、あさっての方を見て会話する
演技には苦笑してしまいました。目の演技に関しては素晴らしいんですけどねぇ。


『山猫 完全復元版』という映画を鑑賞。昭和38年作。こちらも外画。
イタリアの貴族さんが時代の変化に流されていくお話。 3時間超の長編の為に
一度短縮版が作られた後、当初の長さに復元するついでにリマスターされた物。

私、コレ苦手映画。セットと衣装が桁違いの豪華さで呆気に取られましたけど
「いつ」「どこで」この大事な情報がバッサリ抜け落ちて展開されるので
本国の方は分かっても、事前情報が無いと付いて行けないです。
説明しすぎな邦画に毒されてるからかなぁ。1度目の鑑賞は1時間程で脱落。
登場人物が何してるか一切分からない内に進行していくので、辛かった。
庭で死体が見つかった時はサスペンス物かと勘違い。突然革命とか言われても……
ヒロインキャラを演じるクラウディア・カルディナーレさんが、曽我町子さんクリソツの
大爆笑するのは驚くと同時に大笑いしました。曽我さんの演技は海外でも通じるわ。

1つだけ気になる描写が有りました。貴族さんが洗面所を歩いている時に
茶色い物が溜まった壺が大量に置かれた部屋を覗くんですが、アレ当時の便器ですかねぇ?
当時の人は、アレをどこでどう使ったのか興味あるトコであります。紙無いしねぇ。


今回の落描きは、後期の旅行系作品キャラをば。
描きたいキャラを描くのは楽しいです。
2015.4.21.jpg

『かぐや姫の物語』とか [映画]

なかなか過ごし易い天候にならない今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。
晴れても強風で急に雷雨になったり、落ち着かないので困ったもんです。
曇りどまりでいてくれるのが、紫外線的にも個人的に一番有難いのですが。

東京都推進の自転車推奨ルートを確認した処、うちの辺りは飛び地。
てっきり一直線に設定するとばかり思ってました。
東の方ばっかりなのが不満。住宅地にこそ欲しいなぁ。
ここ数日は、上着を着ないで自転車に乗れるので大変快適。

愛川欽也さんの訃報、つい先日までご活躍だったので信じられないですねぇ。
『死ね死ねブルース』を歌っていた本人が死んじゃったのは、なかなか真似出来無い
最高のギャグだなぁと思ったり。
私がラジオに投稿して読まれたのは、キンキンパック(月イチの方)が初でした。
『バンパイヤンキッズ』の頃でしたねぇ。 謹んでご冥福を。


遅ればせながら『かぐや姫の物語』を鑑賞。高畑さんは水彩がお好き?
見るからに手間のかかってる画作りに感心するけど面白くは無いという
お約束通りで、変わらなさに安心して楽しめました。
確かに『姫の犯した罪と罰』というコピーはチンプンカンプン。
月から来た人が竹から生まれる事と後日金品も飛び出すという根本的なトコが謎。
三宅裕司さんは、どの辺を代役されていたんでしょう。
我が道を行く女童さんばかり目が行ってしまいました。顎に興味なし。
月からの団体様の行進曲に違和感。もっと重厚な曲を付けて欲しかった。
捨丸さんの奥さんと子供の幸薄そうな描写が何とも。
ラストの飛行シーン、高畑さんは入れたかったんですかねぇ。不要に感じました。


今回の落描きのテーマは、デッドストックの駄菓子屋パチモンカード。
カラートーンで、らしさを出してみました。目と肌のみ普通塗り。シミ多め。
関さんキャラに初挑戦してみましたが、難しい〜
近日、今見てる『ロミオ』物が置かれるでせう。 こんなに名作劇場にハマるとは……
CLIP STUDIOは思いの外奥が深い事にようやく気付きました。遊び甲斐有りますわ。
2015.4.18.jpg

『白と黒』とか [映画]

急に冷えて着る物に悩む今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。
最近雨ばっかりで外出が億劫。梅雨でも無いのに困ったもんですわ。

5月は楽しみな放送が多い。NHKBSで3日に『黒部の太陽 完全版』遂にオンエア!
7日には溝口健二監督の『山椒大夫』も。セーラばりにいびられた田中絹代さん
(節食命令が出ている中ビフテキを食べたので、400回超ダメ出しされたという話)
の叫びが久しぶりに聞けますわ。
東映チャンネルでは半ば幻の『ぐるぐるメダマン』がスタート。今から5月が楽しみ。


『白と黒』という映画を鑑賞。昭和38年作。タイトル通り白黒映画。
とある殺人事件の真犯人が2人現れる事から始まる犯人追求のお話。
松本清張さんと大宅壮一さんが、本人役で登場するビックリ作品。
清張さん原作っぽいけど、橋本忍さんのオリジナル脚本です。

感想を書こうとしましたが、何も言えねぇ!(笑)
ただコレが超面白い。推理物の犯人が誰かなんて気にしないで観る私でも楽しめた。
何しろ、犯行シーンから始まるので。『刑事コロンボ』風? 見たこと無いけど。
ラストの怒涛の展開に見事にハメられました。オチが超バッドエンドで痛快。
精神的に追い詰められる仲代達矢さんの演技がお見事。
電話の伏線について、見終わったら二度見しないではいられない。
清張さん、ご自分原作の作品にはよく出演しますが、他の方の作品にも出てたのね。


セーラ欠乏症。 ギブミーセーラ(あ〜んどラビニア)!
もう手に入る新規素材が無いという脱力感に襲われてます。
『フローネ』では埋められない。流石名作劇場イチ(自主規制)ヒロイン(笑)
そんな中セーラを求めて原点回帰。定番の原作鑑賞と相成りました。
恐らく一番新しい訳の、福音館書店刊 高桜方子さん訳版を拝読。超読みやすい。
先日青空文庫で公開されてる菊池寛さん訳に挑みましたが、とにかく読みづらくて
途中で挫折してしまったので、大変助かりました。アニメ化の際にエピソードが
想像以上に大量に水増しされていた事が良く分かりました。
池畑慎之介☆さんもといピーター不在で、ちょっと物足りない。 ♪人間狩り〜

こちらのセーラお嬢様、割と癇癪持ち。計算して人と付き合う様な描写に驚きました。
現代では世渡り下手だろうと思わせる発言多々。現実逃避で超上から目線。
服は基本黒色。 正直、原作版のセーラお嬢様は可愛く無いなぁ。ちと怖い。
院長先生はおろか、学院そのものが醜いという表現に拍手。坊主憎けりゃ袈裟までね。
銀貨に穴開けちゃうのはマズいでしょう。どう開けたのかも気になりますが。

「体が辛いときに心がしなければいけないことは、何かほかのことを考えること」
というセリフが印象に残りました。コレ、私はお腹が下ってる時無意識にやってる。
体をくの字にして耐えている時に不思議と笑える事を考えちゃう。
次に下ったら、セーラになったつもりになってみよう。 つもりよつもり♪

絶妙のタイミングで院長先生が現れるのは原作でも健在。
夜パーティの際、まだかなまだかな〜と思わせて、満を持して登場するシーンが
挿絵と共に現れて、もう笑うしかない展開となってます。
ダイヤモンドプリンセスから、あんた戻るの嫌だって言わなくても分かるだろ?
という、けんもほろろな返答されるシーンもアニメ化して欲しかったですわ。
ラストも学院には目もくれず、パン屋から去るシーンで終了するので
尻切れとんぼ感が有って正直物足りないですね。パン屋に雇われた子の名前が
こちらでは、アンでした。訳によってアンヌだったりする様なのですが
アニメ版は赤毛某嬢と被るのでアンヌにしたのかな? eが付くのかな?

最後にダジャレを放って、そろそろセーラネタにも一服致します。
2015.4.11.jpg