So-net無料ブログ作成

アルプスの少女ハイジ [アニメ]

『アルプスの少女ハイジ』無事全話観賞。 いやぁ〜長かった。
確認したら、昨年の2月スタート。本放送時より長いじゃあ〜りませんか。w
今回が通しで見るのが初体験だったのは、幸か不幸か。

クララが第1クールに登場せず第2クール目に満を持して登場するとは露知らず。
1年保たせる為とはいえ、贅沢な構成だなぁと。 まぁ『三千里』に比べたら
こんなの可愛いもんですが。まったり展開対策で動物が多めに配置されてるのは流石。
ドナドナになりかけるユキちゃん、エスカルゴを喰らう食通のヨーゼフ
番組降板後すっかり登場しなくなったピッチー等々。一応猫も登場するし。
本放送時の裏番組『ヤマト』の弱点はココだったと個人的に思ってます。
直前に『マジンガーZ』『グレートマジンガー』を放送していたのも大きい。
え?『猿の軍団』? ん〜!? なんのことかなフフフ……

視聴者はハイジ派かロッテンマイヤー派に二分されると有名ですが
私は、もうゲラゲラ爆笑する第三者でしか無かったです。
ちょっとロッテンマイヤーさんに同情しちゃうのは、年齢のせいかなぁ。
文字が動きだす辺りは『夏目友人帳』がリスペクトしてるみたい。

感心したのは、基本的に死人が発生しない事。お涙頂戴は白けるので
コレだけでも評価出来ると思います。
終盤に色パカが多発している様に見えたけど、スケジュールの影響かな?

最終回のラスト、主題歌が終わってちょっと間を空けて、もう一波乱有ると思わせて
フェードアウトするのは、狙ったのかタイミングが早すぎたのか。正直ズッコケた。

疑問点1
ハイジの本名がアーデルハイドってのは、アーデルハイジじゃいけないのか?
悪役みたいだなと感じた。発狂モードのハイジはアーデルジキル?

疑問点2
おんじの住む山小屋にやはりトイレは無いのか。そこでクララはどうしたか。
一昔前まで諸外国は、街中でも出したシモをその辺に捨てるので臭いって話ですが
入山当初のクララが一人で処理が出来るとは思えないので、おんじがお手伝い?

2016.5.28-1.jpg

ハイジグッズの公式ページを見てきたら、未だにiPhone4のケースが定価で売られてる。
商魂たくましいというか何というか…… 限定グッズの価格設定が強気だわ。

最後に、4月に亡くなられた中盤まで脚本を担当された大川久男さんの御冥福を。
全然話題になって無かった気がする。

2016.5.28-2.jpg
↑ コレのノーマル版をPixivに置いたけど全然気付かれてないみたい。w


この夏も、ハウスがスポンサーの名劇ミュージカルが催される模様。
今年はハイジ。東京では調布での興行みたい。
小林綾子さんがロッテンマイヤーを演じるそう。おしんと真逆ですわ。
情報源は、サミット(G7じゃない方)の広告。


期待外れな夢 [妄想]

お試し漫画設置。
コレは『ウルトラマン80』知らないと分からないです。
こんなんでも3時間位かかっちゃった。
2016.5.22.jpg


『聲の形』とか [漫画]

昼は暑い割に夜はちょっと肌寒い今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。
地震が来た時動けないって人が居る様だけど、私は真っ先に玄関を開けに動く。
揺れていたってスキップすれば無問題。地に足が付いてない方が良い時も有ります。
起震車体験の時にピョンピョン跳ねてたら、同僚から「浮かれすぎ」と言われた。
理想的なのは、クラリスの部屋へ幅跳びするルパン風な飛び。頭上注意。
ニュースで度々見かける南海トラフって、美味しそうな名前と思うのは私だけ?


Gyaoの名劇主題歌配信に難あり。久しぶりにノンテロップ版見ようと思ったら
『トム』〜『カトリ』が40秒程のサビだけ。この先『セーラ』まで同様で
『ポリアンナ』から戻る様なのが不可解。『アン』のEDがちゃんと額縁だけで笑った。
どこかで4K版見たいなぁ。


MXの『ハイジ』の後番は『モスピーダ』 タツノコ枠がまた増えた。
ウィキペディアによると、本放送時の後番『いいとも増刊号』らしいのであ〜る。
クララが再び大地に立つのは24日分。
J:comテレビで放送してる、八木亜希子さんMCの『ご当地サタデー』って番組
次回ムトウユージさんがゲスト出演するらしい。謎の人選。


味わいカルピス、初回分揃った。ただ桃味バージョンが有るらしいけど
近所に置いて無いんですよねぇ。こういうのって有るトコには大量に有りそう。

2016.5.14.jpg


『聲の形』というコミックを読破。
聴覚障害の子を中心としたイジメ&ラブコメなお話。
私は『名もなく貧しく美しく』しかこのテーマをまともに扱った作品を知らない。
やっぱり扱いにくい題材なんでしょうかねぇ。下手に扱うと即苦情入りそうだし。
1巻読むのが辛かったけど、絶対この反動が有る筈と思って読み進めて
あぁ良かったと思わせてくれた。やや強引なトコも有るけど
後半は一気に読んでしまった。この感覚は嫌いじゃない。
ただ、聴覚障害自体がテーマって訳でも無かったのは少々肩透かし。
ラストが思わせぶりで、コレなら続きはいくらでも描けそう。
カバーにバーコードが無いのには驚いた。最近はシールにしてるのね。

このコミックに登場する女性陣はやたら攻撃的なキャラが多いのが特徴かと。
殴る蹴るの印象に残るのは女性陣ばかり。男性陣は嫌〜な台詞を残す印象。
西宮さんのオカン、必ず俯瞰のアングルで手を出してくるので笑ってしまった。
たまに風景が魚眼風に歪むのは面白いと思った。
60話の冒頭コマに描かれてる『恋の形』ってのも読んでみたい。

ビジュアル的に、西川さんがケイトさんに見えて仕方ない。
合言葉は〜 うき〜〜〜

2016.5.20.jpg


『セディ』と『こんアン』に会える [アニメ]

すっかり夏モードになりつつある今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。
ウチでもヨシズをセッティングして、例年の日除け対策を完了。
最近風の強い日が多くて、ちょっと早まったかと思ったり。
自転車で走るには、この湿気少なめな時期がとても快適ですね。


レコーダーの番組表に『高品格の片思い』というタイトルが有り
高品格さん、こんなドラマも撮ってたのかと確認したら
韓国ドラマで こうひんかく だった。大爆笑。
高品格さんの片思いって、絵になりそう。
『重版出来』を じゅうはんでき だと思っていたし、私は誤読率高い。


5月5日、NHK FMで放送された『みんなのうた』の特番に大貫妙子さんが
生ゲスト出演して『メトロポリタン博物館』の元ネタについてコメントしてた。
有名な、ナポリタンからメトロポリタンと『クローディアの秘密』について。
主人公が夜中に博物館に居て絵に閉じ込められる事について突っ込まれると
「別に大丈夫です。こどもってそういうもんです!」と一蹴してて笑った。


6月からチェック番組がまた増える。MXの『ポリアンナ』の後番に『セディ』
テレビ埼玉の『ティコ』の後番に『こんアン』! 名劇視聴穴埋めが捗るわ。
7月に日本映画専門チャンネルにて『キンゴジ』完全版を放送する模様。
サンプルで使われてる映像、熱海城のシーンは素晴らしいけど
転げ落ちてくシーンがボケてるので、ちと不安。
ダウンコンバート版でどれだけ高画質を体感できるか楽しみ。

早速こんアン嬢描いてみたけど、この子トサカが凄いのね。

2016.5.13.jpg


日本の長編アニメーションはここから始まった [イベント]

5月8日に練馬区の石神井公園ふるさと文化館で催された
『日本の長編アニメーションはここから始まった』というイベントに参加。
動く小田部羊一さんを久しぶりに拝見できて嬉しかった。
相磯嘉雄さんは大変軽快な方。なみきたかしさんは下駄履きで登場。

内容の大半は、主に大塚康生さんが撮影した関係者のスナップ写真に映っているのが
どなたか確認する流れ。期待外れと思った方も居たんじゃないかしらん。
裏話面白かったけど、中盤の休憩で「まだ長編まで来てないよ」とゲストからツッコミ。

小田部さんの発言で記憶に残ったのは、必ずパートナーと呼ばれる奥山玲子さんの
助言と言うかツッコミと言うか悪口と言うか。恐妻家なのかしら?
初期の東映動画の内情を、群雄割拠と表現されていたそうで。
大学の友人と東映動画の試験を受けて小田部さんだけ落ちた話は伝説。
二次採用が無かったら『ハイジ』や『三千里』どうなっていただろう。
『白蛇伝』を見ていない観客が多くてガッカリしていたのが印象的。
大塚さんのお下がりで手に入れたコンテッサ900で東名高速を100キロ走行
しようとするも、タイヤの反動が酷くて無理だった話も面白い。
大塚さんの事故話を考えると、安全装置というコメントに頷くばかり。

当初の東映動画は年に1本で精一杯だった事で、東映の関係者から
「お前たちを食わせてるのは俺たちなんだぞ」なんて言われてたけど
現在は逆の立場になっているって話、盛者必衰の何とかを感じます。

閉会後、企画展の方を確認しましたが『メモル』が好きな方は行って損は無いかも。
設定画とセルが数枚展示されてるし、常設展示コーナーのマルチプレーン撮影台の横に
番宣ポスターも展示されてた。
何故かウチにもセルが1枚有ったりする。マリエルさん。

2016.5.9.jpg


YouTubeに東映アニメーション公式チャンネル設置されてる!
長編もこの先置かれる様なので、ノーチェックの方もコレで見られそう。
予告編も見られると良いんですが。特に『白蛇伝』は。

関修一原画展2016 [イベント]

関修一さんの原画展に、またも最終日の終わりかけにお邪魔してきました。
ペリーヌ関連ほぼ完売。ルーシーが1枚だけで、ちょっと寂しかったですわ。
イイ感じの小マリアさんが残っていたのが意外でした。
……なら買っちゃえばいいのに。 ……いやぁ、やっぱりケイトさんが……

どうやら私は危険なオーラを放って見入っていた様で、関さんに後ろから
声をかけられまして、個人ギャラリートーク状態に。ずっと気になっていた
スカートに足のラインが残ってるのは、妄想を誘う為では無い事を確認。w
「今回ちょっとサービスして太もも出してるのが有るけど、子供ですから」と。
来場した方なら、あぁアレね とお分かりかと。
ドロワーズを履いていない事も有ると確認出来たのは収穫。w
ビルフランは、設定だと大きすぎるので今描く際には少し小さくしてるそう。
次回の催しは、一年後の予定との事。恐らく東京のお話。
帰り際、向かいの高島屋で笑点のイベントを見ている時に
キャラ投票に参加するの忘れてた事に気付くという。ちょっと心残り。

今回画集を購入してサインを頂く際、無理を言ってちょっとネタを加えて頂きました。
敬称のトコで「さんかな 様かな」と細かい気遣いまでして頂き恐縮しました。
個人的に、超お宝です。

2016.5.3.jpg